fc2ブログ
 
みなさんは普段どのようなお酒をよく飲みますか?

ビール・ワイン・ウイスキー・日本酒など、お酒によってそれぞれの美味しさがありますよね。
私は焼酎が好きで結構飲むのですが、最近「本格焼酎」というのを知りました。

本格焼酎は「乙類焼酎」とも呼ばれ、一回だけ蒸留する昔ながらの製法で作られたもので、
水割りやお湯割りにしても美味しく飲むことができるのが特徴です。(泡盛などもこの種類ですね)
それに対して、原料にこだわらずに連続して蒸留し、純粋なアルコールに近いものが
「甲類焼酎」と呼ばれます。(水で薄めるのでアルコール度数は低めです)

最近ではこの2つを混ぜた「甲乙混和焼酎」というのをよく見かけますが、本格焼酎と
甲乙混和焼酎との違いは、お酒好きの方なら、一口で違いがわかる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私はウイスキーやブランデーなども好きですが、泡盛などの本格焼酎も飲むことが多いです。
お湯割りや水割りでなくストレートやロックが多いですが、お酒の味がよくわかるので、
個人的には本格焼酎の方が好きかもしれませんね。

口に含んだ時に「トロッ」とする感覚と、柔らかい甘さがあるのは本格焼酎ならではの美味しさだと思います。
アルコール度数が比較的高めですが、口当たりがよく飲みやすいので食事と一緒に楽しむのにも
本格焼酎は合っていると思います。

本格焼酎を探すときは容器のラベルをよく見て「本格焼酎」と書いてあるものを選ぶといいですね。
わからないときは酒屋さんに聞くと、お勧めの本格焼酎もすぐに教えてくれますので、
この冬はあったかいお鍋と一緒にぜひ本格焼酎を楽しんでみてくださいね♪
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する