fc2ブログ
 
みなさんはがん治療についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

がんは1981年以降、日本での死亡原因の1位になり、現在も3人に1人はがんが原因と言われています。
よく「・・・手遅れです」ということを耳にしますが、最近では「高濃度ビタミンC療法」という治療法が
注目されています。

私は今回初めて高濃度ビタミンC療法という治療法を知ったのですが、ビタミンCが「がん細胞」を
殺す働きがあるというのにまず驚きました。
でもこの研究はすでにしっかりと証明されていて、あとはいかに副作用がないように安全に治療できるかが
カギとなっているそうです。

高濃度のビタミンCが体内に入ると過酸化水素が発生しますが、これは無害なので基本的には
安全だといわれています。
もちろん100%というわけではありませんが、副作用の原因となる「G6PD酵素」が
体内に充分あるかの検査を行うことで、副作用の心配がほとんどなくなるのですから、今までの
がん治療と比較しても安全だと思いました。

ただ、この治療法を使っても100%完治するというわけではありません。
延命効果があるのは60~70%といわれています。
でも従来のがん治療に比べると費用も安いですし、手遅れだからと自分で思い込んで
何もしないよりはずっといいと思います。

まだ日本では健康保険の適用がありませんので、1回の治療に2~3万円・週に2~3回ですので
月に20万円くらいの治療費がかかりますが、しっかりとした安全ながん治療としては
決して高くはないと思います。

今までのがん治療に不安や不満をお持ちの方や興味をお持ちの方は
ぜひ「高濃度ビタミンC療法」をチェックしてみてくださいね♪

ほくろ除去がん治療のご相談は木村専太郎クリニック






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する