fc2ブログ
 
今年も11月に入り、そろそろ年賀状の販売が始まっていますよね。
みなさんは毎年の年賀状のデータをどういう風に残していますか?

年賀状は毎年たくさんもらえて嬉しいですが、来年まで保存するには場所もとりますし、
いざ年賀状作成の時期になって、それを1枚1枚見直して考えるのはとても時間がかかりますよね。

私はここ数年は、頂いた年賀状をすべて「デジタル保存」しています。
最近はスキャナがありますので、頂いた年賀状をすべてパソコン上に取り込んでしまうのです。
そうすれば、年賀状の住所録も一括管理することができますし、頂いた年賀状の裏面のコメントも
しっかり残っていますので、次に年賀状を作成するときのコメントにつながりを持たせることもできるので
お勧めです。
(特に結婚された方や、お子様が生まれた方の写真が載っているものなどは、それを
踏まえたコメントをされると素敵な年賀状になるかもしれませんね♪)

1枚1枚見返して確認しているとすごく時間がかかってしまいますので、「サッ」とページをめくるように
年賀状をパソコン上でデータ管理すると、住所が変わっていたり、昨年に届かなかった年賀状などの
区分もしやすいので、作業がとっても簡単です。

データ管理をするなら「Acrobat」シリーズも使いやすくてお勧めだと思います。
今ならScanSnapAcrobat最新版である「Acrobat® 9」への無償アップグレードキャンペーン
開催中ですので、年賀状作成のために「ScanSnap S510シリーズを購入しようかな?」と
お考えの方はチャンスですので、ぜひ1度チェックしてみてくださいね。

年末は色々と忙しくて時間が取れないことが多いと思いますので、みなさんも
「年賀状のデジタル保存」をぜひ試してみてくださいね。



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する