fc2ブログ
 
みなさんは「子宮頸がん」という病気をご存知でしょうか?

子宮頸がんは女性特有の病気なのですが、日本は予防検診の割合が外国に比べて低いため、
発症率や死亡率も他の国に比べて高いのが現状です。
(ZARDの坂井泉水さんが闘っていたのもこの病気なのです)

では子宮頸がんはどのような病気なのでしょう?

そもそも「子宮がん」は「子宮体がん」と「子宮頸がん」の2種類に分けられ、そのがんの部位だけでなく、
かかりやすい年代も異なります。
子宮頸がんはHPVウイルスが原因で、セックスによって感染させられ、ガン化していく病気です。
そして、45歳以下の女性のがん死亡率が世界で2番目に多いのもこの病気であるといわれています。

その子宮頸がんが、最近は20~30代の女性患者が増えてきているのです!
欧米諸国では80%以上の女性が20代から定期健診を受診しているのに対し、日本ではたった22%に
とどまっているのも、その原因ではないでしょうか。

でも子宮頸がんは、「胃がんや肺がんとは異なり定期的に検査をすることで予防が出来る病気」なのです!
早期発見・早期治療を行えば、もちろん妊娠・出産もできますし、「予防することのできるガン」であることは
注目すべき点です。
子宮頸がんにかかった方は、ほとんどの方が「予防検診を受けていなかった方」です。
逆に言えば、子宮頸がんはきちんと予防診断を受けていれば、少しも怖くないガンなのです。

今では子宮頸がん検査も検査キットがあり簡単ですので、ぜひ普段から予防してみてくださいね。
もちろん、近くにお医者さんがある方は、定期健診を受診されるのもお勧めです。



子宮頸がんから身を守る方法は、ただ1つ!
それは「定期的に予防検診を受け、早期発見・早期治療を心がけること」です。

みなさんもこの機会に、ぜひ子宮頸がん検査を受けてみてくださいね。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する