fc2ブログ
 
-------------------------------------------------------------------------
【PR】

読書の時間」は、【無料】の書籍配信サイト
推理小説恋愛小説、雑学コラムや人生相談まで、多種多様な作品を配信しています。しかも全て他では読めない書き下ろし!

無料の会員登録をすれば、感想レビューや、作品に関連する商品を貼り付けられたりと、チョット楽しい(クセになる)コトができるようになります!
-------------------------------------------------------------------------

みなさんは最近どのようか本を読まれたでしょうか?

私は今まで「忙しい」を理由にほとんど本を読んでいませんでした(雑誌はよく読みますが・・・)
ですがこのままではいけないと思い、今年の夏は結構たくさん本を読みました。

最初は暑いので図書館に涼みに行くついでに読み始めたのですが、読んでみると
本もなかなか面白いですよ。(今では1日に1冊のペースで読んでいます。)

「図書館に行くのは時間が・・・」という方にはインターネットで利用できる本もありますので
ぜひ一度利用してみてくださいね。
その中で私が面白かった作品を1つご紹介します。

真夜中の甘い匂い (1)《無伴奏》  作 田口かおり

小学生の女の子が本(辞書)を通して様々な思いを巡らすお話です。

文章自体は分かりやすい言葉で書かれていますので読みやすく、中学生くらいのお子様でも
充分に読みこなすことができると思います。(読書感想文にも良いかもしれませんね)

1文1文が短い場合も多く、文章を通して場面がイメージしやすいのも良いと思います。

また、物語が本(辞書)を中心として回想シーンやその他の場面がたこ足のように広がっているので、
全体のお話がつかみやすいのも特徴的だと思います。

「寂しい」という言葉を直接使わずに「父親の匂い」を描くことで、より主人公の女の子の感情を
描いているところも素敵ですね。

文章の書き方が、小学生の女の子が斜め上を見上げるようなイメージで描かれているので、
学生のみなさんにぜひ読んでいただきたい一冊だと思いました。

みなさんも「真夜中の甘い匂い (1)《無伴奏》」をぜひ1度読んでみてくださいね。




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する