fc2ブログ
 
みなさんは大学受験の時、どの様な勉強方法を実践されていましたか?

高校3年生の夏には予備校 で一生懸命勉強された方も多いと思います。

私が高校生の時は学校で夏休みの補習授業も実施していました。
(学校の補習授業はほとんど利用しませんでしたが・・・今のように学校にエアコンなど
付いていませんでしたので、暑くて勉強にならなかったのをよく覚えています)

でも夏休みは普段の生活のリズムが崩れがちですので、何かの補修や授業に参加して
毎日のペースを作ることが大切だと私は思います。

そして、できるだけ勉強するときは「家にいないこと」です。
家にいるとテレビや携帯、ゲームなどいろいろな誘惑にどうしても負けてしまいがちなので、
自習するときでも図書館などを利用することをお勧めします。
(図書館で自習できない場合はの自習室などを利用するといいと思います)

あとは「こまめに休憩を入れること」「勉強をしすぎないこと」を重視していました。

人間の集中力は1時間~1時間半くらいが限界で、それ以上は能力が低下してしまいます。
ですので、休憩をこまめに取ったり、少し体を動かして、また集中力を高めるという方法はおすすめです。
勉強は量も大切ですが、実際の試験は時間が限られているのですから、自分の集中力を高める
トレーニングも普段から行う方が良いですよ。

また勉強をしていくと、その日によって調子の良い日と悪い日が出てきます。
調子が良いからといってその日の予定以上のノルマをこなすと、次の日に
モチベーションが下がったりすることもよくあります。
ですので、「もう少し勉強したい」と思えるうちにその日の勉強を終えることで、次の日も
高いモチベーションのままで勉強することができます。

私の行ってきた勉強方法はこのようなものですが、その方法は1人1人によって異なります。
一番大切なことは、自分に合った勉強方法のスタイルを早く作るということです。
きちんとスタイルを作ってしまえば、受験に対する「不安」や「焦り」などにも、わりと対応できると思います。

夏休みは受験生にとってつらい時期ですが、大きなチャンスでもあります。
受験生のみなさんにはぜひ頑張っていただきたいですね!


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する